EPA看護師候補者教育 ~看護師候補者とともに~

~国家試験過去問題~

 

問題1.努責やくしゃみをしたときに生じる尿失禁はどれか

1.溢流性尿失禁

2.機能性尿失禁

3.反射性尿失禁

4.腹圧性尿失禁

 

正答

1. 慢性的な尿閉で、残尿量が大量になると膀胱内圧が上昇するために失禁する。前立腺肥大症などでみられる

2.✖ 運動機能障害や認知症などが原因で、排泄動作が間に合わず失禁する。

3. 膀胱の過敏状態排尿を随意的に抑制する中枢の障害によって失禁する。

4. 膀胱内に尿がたまると、尿意がないのに膀胱が反射的に収縮して失禁する。

5. 主に骨盤底筋群の筋力低下が原因となって腹圧をかけた際に失禁する

候補者は尿失禁の種類とその意味がわからず選択肢2を選んで間違いました。以前もこの問題で間違い言葉の意味を母国語で覚えてから理解するように伝えましたが、興味がない問題は復習を行わない傾向があり、頻出問題と伝えると驚いていました。

 

問題2.平成26年(2014年)の国民健康・栄養調査において運動習慣のある女性の割合が最も高い年齢階級はどれか

1.30~39歳

2.40~49歳

3.50~59歳

4.60~69さい

5.70歳以上

 

正答

1.2.3.4.✖  5.

厚生労働省の国民健康・栄養調査によると、運動習慣のある者の割合は男女とも70歳以上で最も高く、20~29歳で最も低いです。

候補者は選択肢4を選び不正解。母国の平均寿命は日本と比べて低く70歳以上とは思いもつかなかったようです。このような問題は覚えやすく感じるそうです。

 

問題3.Aさん(59歳 男性)は、経尿道前立腺切除術後1日で、強い尿意を訴えているが腹部超音波検査で膀胱に尿は貯留していない。Aさんは、体温36.9℃、脈拍88/分、血圧128/86mmHgであった。尿は淡血性で混濁はなく蓄尿バック内に3時間で350ml貯留している。この状態で考えられるのはどれか。

1.尿道狭窄

2.尿路感染症

3.膀胱刺激症状

4.膀胱タンポナーデ

 

正答

1.4. 設問中の「蓄尿バック内に尿が貯留」という記述より、尿道狭窄と膀胱タンポナーデは考えにくい

2.✖ 体温が36℃台であるため尿路感染症は考えにくい

3. 術後は通常用いられるものより容量の大きなバルーンを有する尿道カテーテルを留置する。そのため、常に尿意を感じたり、違和感や不快感が生じたりする膀胱刺激症状が現れる。

候補者は正解でした。

 

看護師国家試験まで、あと68日となりました。1人の方が模擬試験でかなり得点がアップして、必修問題が50点満点中42点、状況設定問題も7割近い正答で評価Bとなりました。課題は一般問題です。国家試験の範囲が広く専門科目の種類も多くなかなか点数がアップしません。一般問題は1問1点、状況設定問題は1問2点の配点です。なんとかさいごの2か月頑張って知識を増やせないか応援しています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

血液データ基準値

 

健康診断の結果で基準値を知っておくと便利です

 

基準値

血液

赤血球RBC): 男性400~550万/μL 女性350~500万/μL  血液中に含まれる赤血球の数、貧血・多血症の指標になります。

 

白血球WBC):3500~9000/μL      血液中に含まれる白血球の数、炎症や血液疾患の診断にもちいられます。

 

ヘモグロビン(Hb):男性14~18g/dL      女性12~16g/dL      赤血球内に多量に含まれる物質、貧血・多血症の指標になります。

 

ヘマトクリット値(Ht): 男性40~50%  女性35~45%  血液に占める赤血球の容積の割合で貧血・多血症の指標になります。

 

血小板数:   15~35万/μL   血液中に含まれる血小板の数で出血傾向の指標になります。

 

電解質・金属

赤血球沈降速度(血沈):男性10mm/時以下  女性15mm/時以下  赤血球の凝集時間を計測したもので炎症の指標になります

 

ナトリウム(Na): 135~145mmol/L   体液の浸透圧やpHの調節を担う電解質で水代謝異常の診断に用いられます。

 

カリウム(K): 3.5~4.5mmol/L   筋収縮や神経伝達を担う電解質でK代謝異常の診断に用いられます。

 

クロール(Cl): 100~110mmol/L   体液の浸透圧の調節を担う電解質で酸塩基平行障害の指標になります。

 

カルシウム(Ca): 8.5~10mg/dL  細胞機能を維持する働きをもっています。Ca代謝異常の診断に用いられます。

 

無機リン(Pi):2.0~4.0mg/dL   Ca代謝と関係しています。リン代謝異常の診断に用いられます。

 

(Fe):男性60~200μg/dL  女性40~180μg/dL  Hbの合成に利用される物質で貧血の原因疾患の鑑別に用いられます。

 

肝機能

アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST): 10~35U/L  肝臓などに存在する酵素で肝疾患などの指標になります。

 

ラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT): 5~30U/L  主に肝細胞に存在する酵素で肝疾患の指標になります。

 

乳酸脱水素酵素LDH): 120~220U/L  身体のほとんどの組織に存在する酵素で肝機能の指標となります。

 

コリンエステラーゼ(ChE): 200~450U/L  肝細胞で生産される蛋白質や肝臓での蛋白質合成能の指標となります。

 

ビリルビン(T-Bil): 0.2~1.2mg/dL  間接ビリルビンと直接ビリルビンの総量で黄疸の診断に用いられます。

 

直接ビリルビン(D-Bil): 0.4mg/dL以下  間接ビリルビンが肝臓で抱合された物質で肝機能の指標になります。

 

間接ビリルビン(l-Bil): 0.8mg/dL以下  老化した赤血球の破壊の際に生じる物質で、ビリルビンの産生量を示す。

 

γグルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GT): 男性10~50U/L  女性10~30U/L 肝臓、腎臓、膵臓などに分布する物質で胆汁排泄障害などの指標になります。

 

炎症反応

C反応性蛋白CRP): 0.1mg/dL以下  血漿中に存在する蛋白質で、炎症や組織破壊病変の指標になります。

 

グルコース(BS): 100mg/dL以下(空腹時) 血中に存在する糖で細胞のエネルギー源となります。糖代謝能のお指標となります。  

 

HbA1c  : 5.6%以下  1~2か月の平均的な血糖値を表します。糖尿病の診断などに用いられます。

 

栄養

総蛋白(TP): 6.5~8.0g/dL  主に肝臓で合成され、栄養状態の指標になります。

 

アルブミン(Alb): 4.0~5.0g/dL  水分や電解質の運搬を担う蛋白質で、栄養状態などの指標になります。

 

コレステロールTC): 130~220mg/dL以下  肝臓で合成される脂質で脂質代謝異常の指標となります。 

 

トリグリセリド(TG): 30~150mg/dL  コレステロールの運搬を担うリポ蛋白の主成分です。

 

HDL-コレステロール(HDL-C): 40~100mg/dL  コレステロールを抹消組織から肝臓へ運搬するリポ蛋白です。

 

LDL-コレステロール(LDL-C): 120mg/dL以下  コレステロールを動脈壁の細胞に運搬するリポ蛋白です。

 

 

腎機能

血中尿素窒素(BUN): 8~20mg/dL  蛋白質代謝の過程で生成される最終産物で腎機能の指標になります。

 

クレアチニン(Cr): 男性0.5~1.0mg/dL  女性0.4~0.8mg/dL 筋細胞膜破壊後に血中に遊出する物質で、糸球体の濾過機能の指標になります。

 

クレアチニンリアランスCcr): 80~140mL/分  1分間の糸球体濾過量の近似値で糸球体の濾過機能の指標となる。

 

尿酸UA): 男性3.5~7.0mg/dL  女性2.5~6.0mg/dL  プリン体代謝の最終産物で、腎機能などの指標となります。

 

推算糸球体濾過量(eGFR): 90mL/分/1.73㎡以上  年齢や性別を考慮して推算された糸球体濾過量です。

 

その他

クレアチンキナーゼ(CK): 男性60~250U/L  女性50~170U/L  筋肉内にン在する酵素で、心疾患や筋疾患の診断にもちいられます。

 

アミラーゼ: 40~130U/L  膵臓、唾液腺から分泌される消化酵素です。

 

アルカリホスファターゼ(ALP): 100~350U/L  骨に作用する分解酵素で、骨代謝などの指標になります。

 

アンモニア 50μg/dL以下  蛋白質代謝される際に発生する物質で、肝機能の指標になります。

 

まとめ

病院での採血結果や健康診断での採決結果の詳しい説明をあまり受けたことないと思います。たくさんの患者様やデータの結果を出すことに追われてしまい、個々に時間をかけて対応するのが難しい現状です。正常値から大きく逸脱していると、医師からは説明しています。みなさんの採血結果の値がどの程度なのかこの基準値から参考になればと思います。(検査基準値は多少、病院の基準値によって誤差はあります)

普段の日常生活の食品の摂り方や運動などで結果は変化します。いつまでも健康維持に心がけたいですね

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。これからもよろしくね。

f:id:piano1228:20181209172748j:plain

マちゃんは、血液データ、大丈夫なの? わたちは心配してましゅよ。

異常なしでしたよ。 シェリーは、やや血液が濃すぎるみたいだから、おやつはへらしますね。

ホテル ニューオータニ

こんばんは😊

今日は仲のよい友人とニューオータニでランチしてきました。

f:id:piano1228:20181208170256j:plain

ニューオータニの日本庭園は都会のど真ん中とは、思えないほど、閑静で優雅な庭園です。広さは1万坪あるそうです。

f:id:piano1228:20181208170527j:plain

紅茶

サービスが行き届いていておかわりを頼まなくても、30秒以内に気づいて声をかけてくれます。

f:id:piano1228:20181208170739j:plain

スープ

f:id:piano1228:20181208170816j:plain

サンドイッチとドリア

パンの生地はふわっふわでケーキの生地みたいに柔らかく、中のおかずは素材を活かした味で、とても美味しかったです。

f:id:piano1228:20181208171120j:plain

サラダ

f:id:piano1228:20181208171224j:plain

ケーキ

ピュアコーヒーゼリー、イチゴショート、イチゴタルト

など、ケーキは甘すぎず、スポンジがとっても柔らかく

美味しくいただきました。90分はおしゃべりしているとあっという間にすぎてしまいますね。

f:id:piano1228:20181208171648j:plain

f:id:piano1228:20181208171713j:plain

可愛らしい寒桜が咲いていました

f:id:piano1228:20181208171834j:plain

写真の撮り方が下手でうまく表現できませんが、ホテルでの食事は、私は大好きです。気持ちも優雅になります。オシャレして、友人と過ごすホテルでの時間は幸せなひとときになります。癒されますね。

最後まで読んでいただきありがとうございまーす💓

風邪の予防

最近、毎日の気温の差が大きいですね。体調は大丈夫でしょうか? 風邪ひいてないでしょうか?

 

12月は慌しいですが、健康維持が大切です。お正月前に風邪をひくと、せっかくの休日が台無しになってしまいます。後悔してからでは遅いので予防していきましょう😊

 

1. うがいをする

煎茶でのうがいがオススメです。煎茶にはカテキン

が含まれていて、抗酸化作用、抗ウイルス作用、抗アレルギー作用、殺菌作用や抗菌作用などがあります

 

2. 手を洗う

トイレ後や外出後、食事直前は必ずあらいましょう

洗う場合は指先や指間、手の甲、手の平、親指、つめの生え際、手首までしっかりあらいます。ささくれや皮膚が乾燥している人はその部位の汚れが落ちにくくなりますので、気をつけましょうね

 

3. 睡眠を充分にとる

疲れがあると免疫力が低下しやすくなりますので風邪を引きやすい状態になってしまいます。

 

4. ビタミンCを摂取

ビタミンCは免疫力を高める効果があります。

野菜ではブロッコリー パプリカ、果物はみかんやイチゴなどに豊富に含まれていますよ😊

 

5. マスクの着用

マスクは効果がないと話す方もいますが効果はあります。使用しないと、電車内などでくしゃみなどでウイルスを防御してくれます。空気が乾燥しているので、人が多く集まる電車内、映画館、などではマスクがかかせません。

 

f:id:piano1228:20181207223719j:plain

ドラックストアーでも擦式消毒剤が販売されていて便利になりました。正確な消毒方法です。

1.手の平に消毒剤を1プッシュのせます。

2.片手の指先を消毒剤につけます。

3.反対側の手の平に消毒剤をうつし、片手の指先を消毒剤につけます。

4.手の平を合わせ擦りこみます。

 

f:id:piano1228:20181207224423j:plain

5.両方の指間に擦りこみます。

6.親指に擦りこみます。

7.手の関節に擦りこみます。

8.手が乾燥するまで擦りこみ終了です。

 

自宅にあると便利です。赤ちゃんのオムツ交換後、介護の直後、トイレ掃除後、部屋の掃除後、帰宅後などに使えて便利です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございまーす😊

洗顔

気温が下がると体温を維持しようと皮膚表面の血管を収縮させ、血流が悪くなり栄養が充分に届かなくなります。

 

皮膚の健康維持には水分量を維持するセラミド(細胞間脂質)と、皮脂(水分の蒸発を防ぐ)があります。これが皮膚のバリア機能です。

 

寒くなって肌が乾燥してくると痒みが現れてくる人もいます。これはセラミド皮脂の働きが充分に働いていなく、皮膚から水分が蒸発してしまい細胞に隙間ができてしまうために痒くなります。

 

乾燥肌になる原因は洗いすぎが原因になっています。

 

 

洗顔

皆さんはどのように洗顔していますか?

私は26歳の時に、その時の上司(師長)から正しい洗顔の仕方を教えてもらいました。今も継続してますよ😊

 

方法

1. 洗顔の温度は30〜34℃

2. 充分泡をたてて、泡で撫でるように洗います。

 

f:id:piano1228:20181206230740j:plain

このように泡を手の平にのせます。

3. この泡を顔全体にのせてあわで撫でて、汚れが浮い てくるまで1分くらい待ちます。

4. すすぎます。

5. 顔の水分をタオルにしみこませます。

6. 最後に保湿剤を塗布(入浴直後に)

 

 

 

注意

・すすぎはシャワーでは禁止です。お肌はデリケートです。手の平で水分を優しくかけて洗います。これが基本です。顔の皮膚への摩擦はよくありません。

 

・夜の洗顔は泡洗顔ですが、朝は泡洗顔はしません。水分だけで洗顔です。自分の皮脂を泡で洗うと、皮脂が不足になりバリア機能が乱れてしまいます。

 

・顔の水分はふわふわのタオルで軽く押し当てて水分をとります。絶対ふかない、こすらないが原則です。

 

年を重ねるほど、バリア機能は低下気味ですが、まだまだ皮膚は乾燥知らずです。いつまでも若く見られたいので、美容には気をつけています。

 

皆さんも是非、実行してみてくださいね。お肌はデリケート。優しく接して、いつまでも若々しく💕

こんばんは😊

今日は、勤務が遅くなり帰宅したばかりです。いつものように入力するとかなり遅くなってしまいます。朝5時起きなので、体調管理も看護師は気をつけなくてはいけません。明日に響かないよう今日は睡眠確保します。

ブログも今日で100日目でした。毎日訪問してくださっている方、ありがとうございます。

明日からまた、よろしくお願い致しまーす。

感謝です。😊

EPA看護師候補者教育 ~看護師候補者とともに~

胃がん ~昨日の続き~

早期合併症の予防

術後出血:ドレーンや胃管からの排液量と性状  血圧低下、チアノーゼの有無に注意

胃管抜去:排液量が200mL/日 腸蠕動の確認

 

縫合不全:発熱 白血球の増加 CRPの上昇 手術後3~10日頃発生しやすい 絶飲食 腸管内の減圧

 

胸水 無気肺 肺炎:発熱 頻脈に留意 呼吸理学療法

 

晩期合併症の予防

胃食道逆流症:噴門括約筋が失われ、胆汁や膵液が逆流 胸やけ 背部痛 心窩部痛 嚥下障害等の症状

 

吻合部通貨障害一過性の症状 吻合部浮腫の改善で食事可能 嘔吐を繰り返す場合は、内視鏡的拡張術を行う

 

貧血:鉄やビタミンB12の吸収障害による  術後5~10年でビタミンB12の欠乏による貧血

 

ダンピング症候群

術後、形態や機能が変化した消化管食物通過すると起こる

早期症状(食後30分前後):高張な食物が一気に腸内に入るためにおこる 

全身症状:冷汗や動悸など

腹部症状:腹痛など

 

晩期症状(食後2~3時間):大量の食物が急激に十二指腸に入るためにおこる  インスリンが過剰に分泌されて低血糖症がおこる

予防

・食事回数を増やす

1回量を減らす

糖質、水分量を減らす

・食後は安静にする

・就寝時はセミファウラー位

 

治療

・内服治療:粘膜保護薬、蛋白分解酵素阻害薬

・高蛋白 高エネルギー食を摂取させる

・急性症状の時:糖質を摂取させる

 

看護師国家試験まであと74日となりました。模擬試験で合格圏をいただいた人は試験の1ヶ月前から1日学習に変更。合格圏をもらえなかった人は国家試験の2週間前から1日学習になります。1名の方が驚くほど点数がアップしましたが、合格圏にはとどきませんでした。あと一歩です。あきらめずに自分を信じて頑張って欲しいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。